ウルトラマンレオ 第42話 円盤生物シリーズ あらすじと感想

どうも。

さて、レオです。
ゲンとトオルの生活環境が変わって3話目。ゲンは職に就いたでしょうか?

円盤生物
アブソーバー
デモス(次回)…登場です。



第42話「レオが危ない!暗殺者は円盤生物」


何を今更と言う感じのタイトルです。

夕食の時間の美山家。
居候の分際で、晩御飯のおかずの心配をするゲン。

そんな時地震が発生と思いきや、円盤生物の襲来(不時着)だった。

直ぐに攻撃をしてくる様子は無さそうなので、今夜は様子を見る事にしたゲン。

翌朝調査に出掛ける事にした。

翌日ゲンとトオルは調査に出掛けた。
そこで複数人にイジメられていた少年、ヒデユキくんと出会う。
ゲンは、チューインガムをエサにイジメっ子達を追い払った。

ヒデユキくんは怪我をした動物達を小屋で看護していた。
しかし、その中に円盤生物がミニミニ状態で紛れていた御様子。

突如、いつもの崖上に登場のブラック司令。
そして、いつもの水晶をかざしてみる。

円盤生物はヒデユキくんを眠らせ、小屋を出るとブラック司令の命令により、巨大化して街を破壊し始める、見た目はクラゲな円盤生物アブソーバー。

自衛隊らしき部隊が、戦車や戦闘機にて応戦するが、歯が立たない。

アブソーバーはガスタンクからエネルギーを吸収して何処かへ。

ゲンはヒデユキくんの小屋がアブソーバーの基地になっていると予測。
翌朝早くに小屋に訪れると既にヒデユキくんがケガをしていた動物の様子を見ていた。

一旦帰ったと見せかけ、小屋の中を探るゲンとトオル。
トオルはヒデユキくんと争い事に。
冬眠しているカエルに危害が及びそうになりカエルの為に負ける心優しいヒデユキくん。

ミニミニアブソーバーを発見!
トオルは小屋の中でミニミニアブソーバーに攻撃。

…棒で。

ミニミニアブソーバーは火炎放射で反撃します。小屋を燃やしながら浮遊。

小屋の爆発と共に巨大化するアブソーバー。

目の前でスズメが被害となり、アブソーバーを敵視するヒデユキくん。
トオルも加わりますが、共にアブソーバーの触手に捕まってしまう。

ゲンはレオに変身し、二人を助けるとバトル開始。

レオキックが炸裂するも火炎放射による反撃をするアブソーバー。

ちょっとした隙にレオのタイマーショットが炸裂し爆発。

落ち込むヒデユキくん。
「君のせいじゃないよ」とトオル。
その通り!トオルが早まったおかげで、小屋は大破し、動物達も逃げてしまった訳です。

ただ、ヒデユキくんは動物を助けられなかった事、円盤生物を殺してくれと願った事、いろいろな思いが重なってしまったのでしょう。
寂しい気分で1人帰って行った…。

個人的感想

ヒデユキくんが悲しい気持ちのままで終わってしまった今回。

円盤生物とは言え殺生する事に抵抗があったようです。

反対にトオルは容赦しないタイプ。
円盤生物を見かけたら即攻撃してしまいます。そりゃそうでしょう。妹まで被害者になったのですから。

この二人の態度の違いが見ているコチラも複雑な気持ちになり、何ともモヤモヤした感じで終了。

自衛隊?

MAC亡き後、日本の防衛はやはり自衛隊らしき組織が対応。戦車や戦闘機による攻撃を実行していました。

もうMACは存在しない事を印象付けられたシーンでした。

ゲン…。

ゲンの働いていた(?)はスポーツセンターも無くなってしまったのでしょうか?
美山家にお世話になっても、全く生産性が無いただの居候に成り下がったゲン。

別のスポーツセンターでインストラクターでもやれば良いのに。

ブラック司令の作戦?

前回、今回で円盤生物がミニミニサイズで人類の生活環境に紛れていますが、あれは作戦なのでしょうか?
しかし、紛れて人類を洗脳するとかの作戦をする訳でも無く、ただバレるまでジッとしているだけ。

…と言うよりブラック司令の能力って?
崖上から円盤生物を呼ぶだけ?


以上

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントがありましたらご記入ください。

スポンサー

トイザらス・ベビーザらス オンラインストア